2018年09月08日

どん底

EFEBB3FF-7AD8-4B5F-9A31-64BE9AE29BB9.jpg

新宿の老舗居酒屋 どん底 へ行ってみました。


DE39DD23-A6E5-48BA-9ED9-A22EF46E8A20.jpg



この界隈で最古の居酒屋らしく、雰囲気は最高でございました。



名物チーズミックスピザ美味かった。


90FF0A88-8F66-45B9-B15A-9E0CE1112B61.jpg






同じく名物のどんカク(どん底カクテル)は酔います。酔ってます。

posted by isovicious at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

パンクロックの奴隷

3E0EE76D-1B41-4312-88C9-E3A606A0F62B.jpg

不完全復活を遂げたアナーキーの18年ぶりの新譜、オリジナルメンバーによるアルバムからは33年ぶり!のアルバム、

『パンクロックの奴隷』


タイトルチューンは5年前のリキッドルームで観た時にやってた新曲かな。

あの時は親衛隊の人たちが怖かったなぁ〜

1の時に野音で観た時は怖いと思わなかったのに。


昨年亡くなったマリさんは「OMAMORI」とクレジットされてて泣ける...


付属のライヴDVDも最高。


もうすぐ還暦の大先輩は、俺が小6の時に聴いた1stアルバムから今も変わらず叫んでますよ。


ちなみに俺、随分前に渋谷のクアトロで、茂さんと一緒に「団地のオバサン」をセッションしたことあるんだ。

緊張して楽屋では挨拶しかできなかった。

楽屋に二人きりだぜ!?初対面だぜ!?

posted by isovicious at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

夏の大トリ


新宿紅布へ久々のTHE PRIVATES



1C2B66FF-8C80-4D6E-9A91-4EFDBF3D0185.jpg



ロックンロールは元々ダンスミュージックだったってことを毎度思い知らされます。

身体が自然と動きます。

がしかし、身体を動かさず考えてしまうことも度々。

このグルーヴの謎を解こうと考えてしまうのです。

まぁ、考えても無駄なんですけどね。

考えるな!感じろ!です。

考える前にやってみろ!です。

やってみたところで経験値が足りな過ぎます私は。


毎年夏に紅布の周年イベントが行われていますが、毎年このイベントのトリはプライベーツ。

残暑厳しかろうが今日で夏は終わり。

夏の大トリもプライベーツ。

そして紅布15周年おめでとうございます。

posted by isovicious at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

立道屋

42016D5C-66D8-4FCA-AC38-5E075C1284E9.jpg


ザ・コレクターズのクアトロマンスリー8月。

今日も懐かしい曲満載で最高!!


クアトロマンスリーは時間設定が早めなので、終演後に余裕で飲みに行けるのも好いですな。


終演後、以前から気になっていた、ローリングストーンズが来日した時にミックジャガーが訪れたという代官山の居酒屋に行ってきました。


壁にミックのサインもありました。


8A024420-6613-48DB-99B4-B04CA8C7A18A.jpg


ミックジャガーのサインも驚きですが、

店内の壁には俺にとって驚きのサインばかりでドビックリ!!


ザ・ルースターズのサインがデカデカと!


8063C9DE-31BE-4968-AF15-B21C7DDC29BA.jpg


三原さんのサインが入れば歴代メンバーコンプリートらしいです。

ルースターズの上にはスタークラブのサインも。


ARBのサインや、石井 聰亙さんのサインもありました。


FE9A66BB-7609-49F5-9A14-568C77F75C43.jpgB4A26316-FDD0-4147-BDF4-C279933C195B.jpg



撮り忘れたけど陣内さんやアナーキーのサインもありました。

あと奈良美智さんもよく訪れるみたいで、至る所にあのイラストが描かれてました。


0249CB1B-A960-4D7F-BC63-1721DB8AC83E.jpgF6133CC8-0689-4FD5-A722-56E9BCF44DD7.jpg




場所柄か、お客さんの殆どが外国人で、壁に書かれたサインやBGMの偏ったロックンロールにどれだけの人が反応するのか疑問ですが、少なくともBGMに合わせてノリノリで串を焼いていた店主と、私みたいなマイノリティには幸せな空間でこさいました。


店主から貴重な話も聞かせてもらったりして長居してしまいました。

単価は高めですがまた行きたい。


ちなみにこの居酒屋、アップル&ペアーズがメジャーデビューした時に所属していた事務所があったビルの地下にあったので更に驚き。


E95D031E-3AE3-4402-B588-E5135BF21212.jpg5AAFBE60-D3D6-4140-B49F-082EB89E0638.jpg

85CC0D08-F53D-49A7-9700-E4107BC22B1B.jpg

posted by isovicious at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

GUAVA GUAVA HEY

リハ後はブクロのショーちゃん。


F2D41973-DF34-47FC-9198-36D8B20E7D1E.jpg



今日は酎ハイにレモンじゃなくグアバを入れてもらいました。


DB8D94E5-4559-42E8-94A6-5736BA46AB48.jpg





シアトル帰りのショーちゃん。

マリナーズの話やSUB POPの話など。


新しいショーちゃんステッカーも完成。


6069E92F-1499-41A1-9B7A-FE43720810F2.jpg






グッバイラーメンはもちろん末廣ラーメン本舗。

永久成長期の私はラーメンとヤキメシ。


9BE8D852-F393-40F2-8888-DB83F8D304E3.jpg5EBA303C-6CAB-4EAF-81BF-93598941B55D.jpg





帰り道、虫の声が秋になってた。

サビ始まりだった平成最後の夏も終わりが近いですな。

posted by isovicious at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

塀の外の懲りない面々

618FBACE-7AEA-4B4A-A86C-8DEF881F1710.jpg

立川の燈花にNEON DOLLと仲間たち集合

去年の今頃も燈花に集合したな

去年は朝まで飲んだ

今年も程々という言葉を知らない我々は懲りずに朝まで

posted by isovicious at 13:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

Steam Get In My Eyes

9FE9E03B-E121-4428-B830-58CCB0BC5117.jpg

ペヤングからしMAX

湯気が目にしみるし、勢いよく食べるとむせるし、鼻水も垂れてくるし最高だぜ!!

posted by isovicious at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

that's entertainment

根津にある友人の行きつけのバーに行きました。

そこの店主はオカマさんで、ボーイ・ジョージのファンだからかジョージと名乗っていました。

私の2コ上らしいのですが、50代とは思えぬ若々しさ。

店に入ると店内のモニターに英BBCの番組と思われるTHE JAMのライヴ映像が流れていました。

私はその映像に釘付けになり、店主のジョージさんに「ポール・ウェラー大好きなんですよ」と伝えると、「私、ポール・ウェラーにジュース貰ったことあるわよ」と仰るもんだから一気にテンション上がった私は質問攻め。ボーイ・ジョージの追っ掛け?(ボーイ・ジョージのコスプレしていたらしい)みたいな感じだったジョージさんは、たまたまそこにいたウェラーさんに「彼(ボーイ・ジョージ)は今化粧を直してるからそのうち来るよ」と言ってジュースをジョージさんに手渡したらしいのです。時代背景はスタカン時代。


私と店主ジョージさんは初対面にも拘らず、ウェラーさんが私の前にあった目に見えない壁を壊してくれたおかげで楽しい時間を過ごすことができました。

バンド界隈のことも詳しいのか、安泰ガバメンツなんてキーワードも飛び出してきたり驚きでした。


ハイボールを頼んだら浜崎あゆみの「アリーナーー!!」みたいなノリで「ハイボーーール!!」と応えてくれたりして楽しませてくれます。


次から次と常連らしきお客さんが訪れ狭い店内は満席状態。

ジョージさん愛されてるんだなぁ〜

それも頷ける素敵な人でした。


そして安定の終電で帰路。

近所なら通いたいお店でした。

5CACD411-F8FD-44D6-9888-5E9BE3A7E6AA.jpeg

(画像は勝手に拝借)



谷根千、以前から思っていたけど、良い街ですな。


終電の車内は浴衣の人や、今日行われていた某フェスのTシャツを着た人がいて、夏なんだなぁ〜と感じています。


posted by isovicious at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

THAT IS ROCK AND ROLL

9EDC9FED-42DB-42AD-B269-FBDE0D981279.jpg

勝手に親目線?叔父目線?で応援してるTHE BOHEMIANSのベスト盤が出た。


キャリアを重ねたバンドの場合、ビギナーはどの作品から聴いたらいいのか迷う。そんな時にベスト盤はもってこいの作品なわけなのだが、このボヘミアンズのベスト盤はベスト中のベストで、収録曲そのままフェスで演っちゃってもいいくらいフェス仕様なアルバム。

欲を言わせてもらえばストーン・ローゼズかよ!?なタイトルで大瀧詠一さんライクな曲「憧れられたい」も入れてほしかった。


前のレーベルでリリースされた楽曲は新たに録音されていて、これも今のボヘミアンズで好い。

「セルフカバーよりオリジナルが一番だ!」みたいな再録に否定的な人が俺の周りに若干名いるが、俺は歓迎するよ。俺も録り直すことができるのならば録り直したい。


ジャケットはTHE WHOの名盤『WHO'S NEXT』を意識したってところも好い。

なんたってボヘのドラマーの名前が チバ・オライリーと無法の世界 だしね。


そしてVo.平田ぱんだが手掛けた特典のセルフライナーノーツの情報量がハンパない!

もし読みながらアルバムを聴いたとしたら、曲が終わってもその曲の解説は読み終わらないであろう情報量。これは金取っていいレベル。本人もそう言っている。前のレーベル時代の苦悩?みたいなことも書いてあったり読み応えありまくり。文才溢れる平田ぱんだの言葉に爆笑したり。


ピロウズさわお君のレーベルに移籍してから充実した活動を送っているボヘミアンズ。

あとは売れるだけ。

posted by isovicious at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

新しい風

D5725D6D-7E8E-4EF5-B9EE-873B6F16B9DB.jpg

連日の酷暑、

熱中症予防は水分、塩分、ロックンロール


昨夜のJOY-POPSの興奮さめやらず、今日もストリート・スライダーズばかり聴いていた。


ハリーと公平さんが一緒にステージに立つのは18年ぶり。

俺がステージの二人を観るのは30年ぶりとかじゃないかな?


観客の声援に何度も応えるハリーと公平さん。始終笑顔で楽しそうだった。

ステージで「ハロー」くらいしか言わなかったハリーが「1979年、俺と公平が初めて出逢った時、俺は20才で公平が19才」「今じゃこんなんなっちゃいました」なんて喋り出すもんだから驚いた。

公平さんも客席に向かって「君たちもこんなんなっちゃって...」なんて昔じゃありえないMC

「今日は来てくれてありがとう」なんてスライダーズ時代は聞いたことなかった。

歳を重ねて丸くなったと言う人もいるけど、客の方はフォルムまでもが丸くなった人ばかりで、当時必ず見かけたハリーみたいな男子も蘭丸みたいな女子も皆無だった。


昔、JOY-POPSとしてテレビ番組に出演した際、司会の人に「どちらがJOYさんでどちらがPOPSさんですか?」と訊かれ、イラッとしたけど公平さんが「僕がJOYです」と返したというエピソードなんかを話したり、ハリーから電話がきて「携帯にハリーって名前が出るんだぜ?凄くない?」みたいなこと言ったり。

アンコールではツアーグッズのTシャツをインナーに着て登場し「無くなったら終わりだから買っといた方がいいよ」と販売促進MC。公平さんが「ハリーが持ってるのは?」とハリーに投げかけると、手にしていたグッズのタオルを「洗顔後とかに使って」「冬なら首に巻いてマフラーにもなる」と販促するハリー。

スライダーズ時代には考えられなかった光景も新鮮だったが、二人だけで奏でる再構築されたスライダーズ時代の楽曲はもっと新鮮で、そして2本のギターの圧倒的なグルーヴに感動。二人のギターの絡みがエグかった。


スライダーズ時代の楽曲は「7th Ave.Rock」「安物ワイン」「Angel Duster」「カメレオン」「Feel So Down」「Friends」「かえりみちのBlue」「道」「すれちがい」「Sugar Sugar」「Yooo!」「No More Trouble」「Special Woman」「Back To Back」「マスターベイション」「天国列車」「ありったけのコイン」

JOY-POPS名義の「Empty Heart」「Get Out Of My Mind

その他にハリーのソロ楽曲なのかな?「Midnight Sun

公平さんの新曲「デルタのスー」

そしてハリーの新曲「新しい風」


2時間あっと言う間だった

もう一度観たい


ツアーのCDBlu-ray / DVD9月にリリースされることが昨日アナウンスされた。

楽しみ。



posted by isovicious at 21:59| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする