2018年08月05日

that's entertainment

根津にある友人の行きつけのバーに行きました。

そこの店主はオカマさんで、ボーイ・ジョージのファンだからかジョージと名乗っていました。

私の2コ上らしいのですが、50代とは思えぬ若々しさ。

店に入ると店内のモニターに英BBCの番組と思われるTHE JAMのライヴ映像が流れていました。

私はその映像に釘付けになり、店主のジョージさんに「ポール・ウェラー大好きなんですよ」と伝えると、「私、ポール・ウェラーにジュース貰ったことあるわよ」と仰るもんだから一気にテンション上がった私は質問攻め。ボーイ・ジョージの追っ掛け?(ボーイ・ジョージのコスプレしていたらしい)みたいな感じだったジョージさんは、たまたまそこにいたウェラーさんに「彼(ボーイ・ジョージ)は今化粧を直してるからそのうち来るよ」と言ってジュースをジョージさんに手渡したらしいのです。時代背景はスタカン時代。


私と店主ジョージさんは初対面にも拘らず、ウェラーさんが私の前にあった目に見えない壁を壊してくれたおかげで楽しい時間を過ごすことができました。

バンド界隈のことも詳しいのか、安泰ガバメンツなんてキーワードも飛び出してきたり驚きでした。


ハイボールを頼んだら浜崎あゆみの「アリーナーー!!」みたいなノリで「ハイボーーール!!」と応えてくれたりして楽しませてくれます。


次から次と常連らしきお客さんが訪れ狭い店内は満席状態。

ジョージさん愛されてるんだなぁ〜

それも頷ける素敵な人でした。


そして安定の終電で帰路。

近所なら通いたいお店でした。

5CACD411-F8FD-44D6-9888-5E9BE3A7E6AA.jpeg

(画像は勝手に拝借)



谷根千、以前から思っていたけど、良い街ですな。


終電の車内は浴衣の人や、今日行われていた某フェスのTシャツを着た人がいて、夏なんだなぁ〜と感じています。


posted by isovicious at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: