2018年07月23日

新しい風

D5725D6D-7E8E-4EF5-B9EE-873B6F16B9DB.jpg

連日の酷暑、

熱中症予防は水分、塩分、ロックンロール


昨夜のJOY-POPSの興奮さめやらず、今日もストリート・スライダーズばかり聴いていた。


ハリーと公平さんが一緒にステージに立つのは18年ぶり。

俺がステージの二人を観るのは30年ぶりとかじゃないかな?


観客の声援に何度も応えるハリーと公平さん。始終笑顔で楽しそうだった。

ステージで「ハロー」くらいしか言わなかったハリーが「1979年、俺と公平が初めて出逢った時、俺は20才で公平が19才」「今じゃこんなんなっちゃいました」なんて喋り出すもんだから驚いた。

公平さんも客席に向かって「君たちもこんなんなっちゃって...」なんて昔じゃありえないMC

「今日は来てくれてありがとう」なんてスライダーズ時代は聞いたことなかった。

歳を重ねて丸くなったと言う人もいるけど、客の方はフォルムまでもが丸くなった人ばかりで、当時必ず見かけたハリーみたいな男子も蘭丸みたいな女子も皆無だった。


昔、JOY-POPSとしてテレビ番組に出演した際、司会の人に「どちらがJOYさんでどちらがPOPSさんですか?」と訊かれ、イラッとしたけど公平さんが「僕がJOYです」と返したというエピソードなんかを話したり、ハリーから電話がきて「携帯にハリーって名前が出るんだぜ?凄くない?」みたいなこと言ったり。

アンコールではツアーグッズのTシャツをインナーに着て登場し「無くなったら終わりだから買っといた方がいいよ」と販売促進MC。公平さんが「ハリーが持ってるのは?」とハリーに投げかけると、手にしていたグッズのタオルを「洗顔後とかに使って」「冬なら首に巻いてマフラーにもなる」と販促するハリー。

スライダーズ時代には考えられなかった光景も新鮮だったが、二人だけで奏でる再構築されたスライダーズ時代の楽曲はもっと新鮮で、そして2本のギターの圧倒的なグルーヴに感動。二人のギターの絡みがエグかった。


スライダーズ時代の楽曲は「7th Ave.Rock」「安物ワイン」「Angel Duster」「カメレオン」「Feel So Down」「Friends」「かえりみちのBlue」「道」「すれちがい」「Sugar Sugar」「Yooo!」「No More Trouble」「Special Woman」「Back To Back」「マスターベイション」「天国列車」「ありったけのコイン」

JOY-POPS名義の「Empty Heart」「Get Out Of My Mind

その他にハリーのソロ楽曲なのかな?「Midnight Sun

公平さんの新曲「デルタのスー」

そしてハリーの新曲「新しい風」


2時間あっと言う間だった

もう一度観たい


ツアーのCDBlu-ray / DVD9月にリリースされることが昨日アナウンスされた。

楽しみ。



posted by isovicious at 21:59| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思い出すとまた泣きそう。あの日のLive前に戻って何度も生で観たい…(T ^ T)
Posted by 踊るサンダーバード2号 at 2018年07月26日 23:52
俺もだけど完全にJOY-POPSロスですな
Blu-rayで我慢してください(笑)
Posted by isovicious at 2018年07月27日 00:07
Blu-rayも観たいけど、絶叫してる自分の声が入ってそうで複雑な気分(笑)
Posted by 踊るサンダーバード2号 at 2018年07月27日 00:19
あれは入ってるね確実に(笑)
Posted by isovicious at 2018年07月27日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: